史上最高のギャンブル本10冊

ギャンブル本のほとんどは不正確な情報を提供しており、読んでも時間を無駄に食うだけです。そのような本は今の現実に即さない、役立たずの戦略であなたの時間を無駄にします。 しかし、一部のギャンブル本は他の本と一線を画します。
続きを読むブログからの最新

ギャンブルの影響

ギャンブルがもたらす結果、特に感情面への影響について、ほとんどのギャンブラーは理解していません。経済面の影響、人間関係の問題、その他の深刻な問題は彼らを取り乱す原因となります。不安感の原因がわかったらその悪癖を断ち切り、メンタルヘルスに留意するとよいでしょう。
続きを読むブログからの最新

SUPER-JP.COM

にようこそ。

自己隔離生活で退屈中?何か読むものが欲しい?そんな方にオススメの本があります!自己隔離中に読むべき「史上最高のギャンブル本10冊」です。ギャンブルのテクニックを学び、簡単に稼ぐのに役立ちます。

関連動画

ブログからの最新

史上最高のギャンブル本10冊

ギャンブル本のほとんどは不正確な情報を提供しており、読んでも時間無駄に食うだけです。そのような本は今の現実に即さない役立たずの戦略であなたの時間を無駄にします。 

しかし、一部のギャンブル本は他の本と一線を画します。あなたのギャンブルのゴールが何であれ、達成を助けるポイントを正確な情報、実用的な戦略、逸話で説明してくれます。 

カジノ必勝法「ココモ法」を使って、ベラジョンカジノのオンラインルーレット完全攻略!

以下が、史上最高のギャンブル本10冊です! 

1. Sharp Sports Betting(スタンフォード・ウォン著) 

スポーツベッティングに関する本のほとんどは読みやすいですが、内容を単純化しすぎて、役に立たず価値のないものになっています。ウォンの本は読みにくく、内容の一部は難解です。この本を読むのは大変で、努力を要します。そのかわりでは得られないようなスポーツベッティングの勝ち方に関する知識が得られます。 

2. Mensa Guide to Casino Gambling: Winning Ways(アンドリュー・ブリスマン著)  

この本ではほとんどのカジノであまり提供されていない一部のゲームに関する情報を提供しています。合法的に自分に有利に進めるための手法、いわゆるアドバンテージギャンブリングの手引きではありませんが、これについても多少触れてはいます。  

3. American Casino Guide(スティーブ・ブーリー著) 

毎年最新の旅行情報とともに更新されるカジノギャンブル本をお求めのは、この本が最適です。 

著者はギャンブル業界で40年の経験があり、ギャンブルのハウツーについて一連のYouTube動画を配信しています。ブーリーは毎年更新される旅行ガイドに加え、様々なギャンブル、旅行、個人資産管理等の雑誌にカジノやギャンブルに関する記事を寄稿しています。 

4. The World’s Greatest Blackjack Book(ランス・ハンブル著)  

相当昔の本ですが、最高に面白い一冊です。戦略アドバイスは色褪せていませんが、ゲームの条件に関する章は読み飛ばしてかまいません。 

また、カジノでの不正行為について書かれていることはほとんど無視してよいでしょう。執筆当時は今よりも大きな問題だったのかもしれません。また、巻末には用語集といくつかの基本戦略チャートが載っています。 

5. The Theory of Poker: A Professional Poker Player Teaches You How to Think Like One(デビッド・スクランスキー著) 

ポーカー戦略についてはこの一冊だけで事足りると言って差し支えないでしょう。この本で提示している考え方を理解すれば、どんなポーカーのバリエーションに要求されることも解明できます。 

6. The Frugal Gambler(ジーン・スコット著) 

著者ジーン・スコットがラスベガスでのギャンブル活動で最大の価値を享受するために採用している綿密なアプローチがこの本のテーマです。スコットはビデオポーカーに最適なペイテーブルとコンピュータープログラムを活用し、カジノ側に対する勝率を上げることに注力しています。 

また、他のカジノゲームに関する情報や、それらのゲームをプレイする際に同じアプローチを用いる方法についても書いています。ただし、この手法はビデオポーカーで使うほうが適しています。 

7. The Man with the $100,000 Breasts and Other Gambling Stories(マイケル・コニック著)  

ギャンブラーに関する逸話や物語に関する一冊。ご自身のギャンブルキャリアに活かせる何か学べるかもしれません。 

8. Positively Fifth Street(ジェームス・マクマナス著) 

著者は書き手として優れているだけでなく、信頼のおけるギャンブラーでもあります。この本はマクマナスによる2000年のワールドシリーズ オブ ポーカーの記録です。本の内容は、ラスベガスのホースシュー カジノのオーナー、テッド・ビニオン殺害容疑をかけられているトップレスダンサーとその交際相手の裁判についても及んでいます。 

9. The Professor, the Banker, and the Suicide King: Inside the Richest Poker Game of All Time(マイケル・クレイグ著) 

文学作品であり、それゆえ力を持つ本です。著者はジェームス・マクマナスほどの文豪ではないかもしれませんが、信頼できる書き手です。 

ポーカー史上最大の賞金となったゲームに関する記述が最高です。テキサスの億万長者アンドリュー・ビールとプロポーカープレイヤー数名との間で数年にわたり交わされたアクションがカバーされています。 

10. How to Make $100,000 a Year Gambling for a Living(デビッド・スクランスキー、メイソン・マルマス共著) 

この本はプロギャンブラーがどうやってギャンブルで生計を立てているのか、その現実を見つめさせてくれます。ギャンブルも大変な仕事であること、またプロギャンブラーの生活は何ら華やかなものではないということも明白にしています。 

ギャンブルの影響

ギャンブルがもたらす影響 

ギャンブルがもたらす結果、特に感情面への影響について、ほとんどのギャンブラーは理解していません。経済面の影響、人間関係の問題、その他の深刻な問題は彼らを取り乱す原因となります。不安感の原因がわかったらその悪癖を断ち切り、メンタルヘルスに留意するとよいでしょう。 

ギャンブルにより生じる精神的緊張 

ギャンブル様々な思いが共存する場です。勝てばうれしくなったり、興奮したりします。しかし負ければ、ストレス悲しい気分を感じます。また、ギャンブルが招く結果を防ぐことは可能ではあるものの、ギャンブル中はイライラしやすいタイプかどうかに関わらず感情への影響を感じることになります。 

人はどのように影響を受けるか 

私たちはみなギャンブル依存になりうること、また感情に振り回され続けること知っています。ギャンブルが感情に及ぼす影響により、プレイへの依存が生じます。勝ったときの気分を味わうために、もっとプレイしたいという気持ちが高まるのです。 

 

Copyright©2021 super-jp.com。 全著作権所有。